WEB資産を作るうえでの心の問題

投稿日:

コンテンツ制作はこころの問題

オウンドメディアにしろ、ECサイトにしろ、アフィリエイトにしろ、大抵の場合、記事作りを継続することは困難だ。

その原因は明白で、好きでもない記事を量産しなければならないからだ。

好きでもない記事を毎日毎日書くことを自分に強制していれば、ストレスで心が死んでしまうだろう。

愛していないことを自分に強要すればいずれ心が死んでしまう

なら、どうすればいいのか?

自分の背負っている天命を果たせばいいのである。

キリスト教的に言えばもって生まれたギフトを記事にすればいいのだ。

もしあなたが幼少からダムが好きで、日本全国・世界各地のダムを知り尽くしているのなら躊躇なくダムに関するブログを書けばいい。

貴方は自分の天命を果たさなければならない

コンテンツ作りで失敗するのは、自分に合ったテーマを選んでいないのが原因である

貴方の最終目的は、作ったWEB資産からこの世の糧を得る事だろう。

だからといって、興味もないのに、儲かるアフィリエイトサイトの記事、例えば金融とかカードとか健康食品とかの記事を、本職以外で毎日書いていたら、そのうち疲れ果ててしまうだろう。

疲れなくても、そんな魂のこもっていない記事を量産しても、ユーザーにとってはちっとも有益な情報にならない。

ハッキリ言ってそんな取って付けたような情報は迷惑だ。

単にお金を儲けるためだけのWEB資産なら作らない方がましだ。

そんなブログは自分のためにも人の為にもならない。

検索上位に上げていいのは自分も人も幸せにするコンテンツだけだ。

人も自分も幸せにするコンテンツでないと生み出す意味がない

ここまで読んで頂ければ、コンテンツ作りで一番重要なのは、自分自身の心と向き合う事だと気が付かれただろう。

私の経験上、人は二つか三つくらい好きで好きでたまらないこと、愛してやまないいわゆる ”天命” を背負っている。

一度あなたが好きなことをリストアップしてみるといい。

100個くらいなんでもイイから好きな事を書き出してその紙を眺めていただきたい。

100個ある好きな物リストの中から、10個ほど特に好きな物に赤丸を打ってみればいい。

それを眺めていれば、あなたが毎日書き続けることができるテーマが浮かび上がって来るだろう。

2.3個そういったテーマが見つかれば、それがスタートラインとなる。

WEB資産を作るスタートラインは自分のテーマを見つけることだ

そのテーマにのっとって、ブログコンテンツ・ECサイトの商品・アフィリエイトの商品選びをするのだ

ここで、儲かるからと言って、利益率の良い商品を選ぶと途中ですべてが瓦解するだろう。

ここのところをよくわきまえて、自分の適正を見極めていただきたい。


私は最初FC2ブログから始めた。

自分が運営するお店の商品に関して、毎日600文字くらいの記事を3つ書き続けた。

約半年それを続けることができたので、自分が選んだテーマに沿って、コンテンツブログを書き続ける適正がある事が分かった。

もしあなたがコンテンツブログをすぐに書き始めたいなら、テーマを見つけた後、はてなブログで始めるといいだろう。

はてなブログは2018年8月現在、WEB資産として通用する、唯一と言える無料ブログサービスである。

そのテーマで毎日飽くことなく記事を書き続けることができますか?

トライアンドエラーの果てにあるもの

貴方はゲームをしたことがあるだろうか?

私は昔からゲームが好きで、一時はゲーム依存症になりかけたことがあるくらい好きだ。

年代物の話になるが、PC98と言って、今から30年くらい前にパーソナルコンピューターが出来たころから、シューティングゲームを楽しんできた。

シューティングゲームにしろ、RPGにしろ、最初は死にまくる。

で、死んだらどうなるか?

リセットしてやり直すだけだ。

そしてそれを繰り返して、問題点を見出し、何度も何度も修正しながら時間をかけてクリアーする。

ゲームオーバーはあっても、リセットを繰り返すことによって、どんなヘタレでもいずれはゴールする。

トライアンドエラーを繰り返して、いずれ目的地に到達する

で、インターネットビジネスはどうだろうか?

確かに諦めなければ、いずれはゴールするだろう。

ようするに失敗とは途中でやめてしまう事で、やめなければ失敗は存在しない。

成功するまでやり続ける事、これがネットビジネスに限らず、物事の本質となる。

ただ、毎日好きでもないブログを書き続けましょうとは言わない。

そんな人任せのSEOで、いつか成功することを夢見て、続けましょうなんて無責任なことは言えない。

ゲームは必ずゴールが設定されているから、誰でも諦めなければ達成できるが、ビジネスは成功までの確たる道のりが設定されていないので、ほとんどの人が成功まで到達することなく諦める。

ここで扱っている記事は心の問題なので、実際の成功率の高いSEO施策は後日に託すが、この場での締めくくりとしてこの言葉を残す。

トライアンドエラーを繰り返して、ゲームの様にクリアーするまで続けることが、ビジネスを成功に導く唯一の方法である。

失敗の中から光明を見出す人だけがゴールにたどり着く

常連様は神様である

お客様は神様だという言葉は、昔からよく聞く言葉だ。

最近ではこの言葉も見直されて、お客様は神様ではないと言う事が定説となりつつある。

実際そうだろうか?

お客様があなたの商品を買ってくれなければ、あなたと、あなたが雇っている社員、あなたの家族は路頭に迷うだろう。

だからやっぱりお客様は神様であることに変わりはない。

しかし、お客様の中には良い客と普通の客、客でない客がいることを知らなければならない。

客の中には良い客・悪い客がいることを知らなければならない

こんなデータがある。

それは、お店の売り上げの80%は常連客がもたらしてくれると言う物だ。

要するに、あなたのビジネスを軌道に乗せようと思うなら如何にしてご贔屓様を増やして、その上質の客を大切にするかに掛かっているという事だ。

巷で行っているマーケティングはこれと反対の事をしていることが多い。

つまり、新規客ばかり狙って広告を打ち、セールのチラシを撒きまくって、低品質の一見さんばかり集めている集客方法だ

こんなことを繰り返していても、いつまでたっても満足のいく生活は出来ないだろう。

ハッキリ言って、セールにしか来ない客や、一年に一度来て常連ずらする客、定価で買おうとせず値切る客。

こんな客はまともに相手にする必要はない。

あなたのビジネスを盛り上げてくれるパートナー・ご贔屓様とは、
①あなたの会社のファンである
②あなた自身のファンである
③あなたの商品のファンである
このいずれかである。

ご贔屓様はあなたのビジネスパートナーである

上記の事は何もWEBマーケティングにだけ限ったものではない。

もしあなたがタナを持っているなら、明日からでもこのことを心に止めて接客すれば目に見えて状況が好転するだろう。

何も新規客をないがしろにしろと言っているわけではない。

京都のお店は一見さんお断りの所があると聞くが、一見さんもいつかは常連客になる時が来るだろう。

だから、そういったご贔屓さん未満の客は普通に接すればよいのである。

しかし、あなた方のファンであるご贔屓様は、特別に接客しなければならない。

ご贔屓様用の特別な商品を用意して、自宅まで配達し、時間を割いてその要望に出来る限り答えるべきだ。

私はビジネスを始めて十数年たつが、常連客からのプレゼントで生活が出来るほど頂き物が多い。

子供ができた時は出産祝いを頂いたし、学校に入学したときは入学祝いをもらった。

その代わり、お客様にお孫さんができたときは、出産祝いを返すし、話が弾んでお店に長居されたときはそのまま食事会が始まる事もある。

要するに家族ぐるみで付き合っていて、もうここまでくると客・お店という関係ではなく友人の様な間柄になる。

だから常連客は神様なのである。

ご贔屓様は、あなたに代わって、あなたの商品を広めてくれる

健康でなければWEB資産は作れない

あなたは一日何時間眠りますか?

6時間ですか?7時間30分ですか?

筆者の睡眠時間は概ね4.5時間です。

WEB資産を空いた時間で作るには長大な時間を調達する必要が出てくる。

時間を調達するには睡眠時間を削るしかない。

しかし、無理してショートスリープにしたところで、日中のパフォーマンスが落ちては意味がない。

短時間睡眠でなおかつ最高のパフォーマンスを維持しながら仕事をし続ける事、これがWEB資産を構築していくうえでの必修スキルとなる。

ショートスリープで最高のパフォーマンスを維持出来ると人生が変わる

あなたはマラソン選手を見て不思議に思ったことはないだろうか?

42.195Kmを2時間ちょっとで走る人たちだ。

時速17.5kmで2時間もの間、走り続ける人達だ。

普通に考えればまず不可能だろう。

しかし、それをやっている人たちが何人もいる。

この謎は根本的なエネルギーの問題だ。

要するに一般人と、アスリートでは使っているエネルギーが違うのだ。

だから、こんなにもパフォーマンスに差が出てくる。

わたしたちは頭脳版のマラソンンランナーにならなければならない。

心肺機能にエネルギーを送り込む代わりに、頭脳にそのマラソンエネルギーを使えれば、WEB資産の構築も目に見えてくるだろう。

アスリートエネルギーを頭脳で使える様になるとWEB攻略の道が見えてくる

睡眠時間は、90分サイクルで回っている。

だから、人類の睡眠時間は3時間睡眠(ナポレオン)、4.5時間睡眠(筆者)、6時間睡眠(ビジネスマン)、7.5時間睡眠(主婦)、9時間睡眠(子供)に大別される。

よってあなたは今日からWEB資産を作る時間を調達するために、ショートスリープに取り組まなければならない。

で、ショートスリープするための原資は何なのか?

マラソンランナーのエネルギー源はケトン体だ。

ケトン体とは短鎖脂肪酸、つまり脂肪だ。

一方一般人のエネルギー源はブドウ糖(炭水化物)だ。

ごはんや、パン、うどん、ポテトチップスだ。

あなたがマラソン体質に代謝変更しようと思うなら、糖質制限によって、炭水化物を減らし、代わりに脂肪を多くとり、体を回すエネルギー源を変える必要がある。

コストパフォーマンスでいうと、ケトン体はブドウ糖の7倍のATP(生体エネルギー)を作ってくれる。

要するに一般人とマラソンランナーでは7倍のエネルギー効率の差があるという事だ。

これが、鳥体質(アスリート)と一般人体質の根本的なエナジーの違いである。

アスリートのエナジーを脳で使えれば3時間睡眠も見えてくる

具体的な糖質制限の方法だが、最初の一年は小麦と砂糖を断つことから始めればいいだろう。

小麦(パン・うどん・そば・パスタ・ラーメン)の代わりに米とオカズを主食にする。

ショ糖(スイーツ)の代わりにフルーツで代用する。

そして、6時間睡眠に取り組む。

小麦とショ糖を断てば、大体6時間睡眠で済むはずだ。

実は睡眠時間と食べ物は相関関係にある。

内臓に負担がかからない食物は、睡眠時間を短くしてくれるのだ。(炭水化物とお砂糖は内臓を疲弊させる)

ちなみに睡眠時間4.5時間の筆者の食事内容は、日中はカフェオレを飲みたい時に飲む。

お昼にミックスナッツ。

夜は、家族と共に普通の食事。

ただ、糖質依存症の現代人が筆者と同じ食事にしたら、たちまち禁断症状が出て倒れてしまうので、最初の一年はごはんとフルーツで代用する事をお薦めする。

一年たてば、かなり糖質依存体質から抜け出せているので、その後はそれぞれ勝手に調べて前に進んでください。

肉と野菜だけなら3時間睡眠も夢ではない

最後に一言。

短時間睡眠を推薦している人は多いが、同時に食事の方法まで教えてくれる読み物は今まで見たことがない。

筆者からすれば、糖質依存症の人がショートスリープに取り組むのは自殺行為だ。

血管がブドウ糖で摩耗しているのに、短時間睡眠すると、いずれ脳梗塞を起こすだろう。

糖質依存症の現代人に必要な睡眠時間は7.5時間だ。

ショートスリープに取り組む人は、同時に食事の内容を改めなければ命を縮めるだけなので、心して取り組んで頂きたい。

食事制限なしの短時間睡眠は命取りになる

一日何時間パソコン作業するべきか?

物事を習得するには2000時間続けるべし